医者がFIRE・セミリタイアしたいならやってはいけないコト

ドクターノミゾ@doctor_nomizoです。現役の医者やってます。

医者じゃないのに医者と名乗るのは医師法違反なので、ドクターノミゾの医師免許を見たい方はコチラのプロフィールをどうぞ。

FIREとは、Financial Indipendent Retire Earlyの略語です。

日本語に訳せば、

「経済的独立・早期リタイア」

もっと簡単に言えば、

「若いうちに一気にお金を貯めてしまって、その後は働かないで生きていこう!」

ということです。

そしてここからが本題です。

医者はFIREおよびセミリタイア可能なのか?

結論から言えばFIREおよびセミリタイアは容易に達成可能ですが、やってはいけないコトがあります。

そしてやってはいけないものとはなんなのかというと、無計画な結婚です。

これに関して、結婚してFIREが不可能になってしまったドクターノミゾの話を交えてお話します。

研修医さえ終われば、医者3年目以降はで年収2000万円以上稼ぐことができます。

本当にやろうと思えば医者3年目でも年収3000万円ぐらいいくことはできるかもしれませんが、低めに見積もって年収2000万円ぐらいで話をすすめていきます。

そして、年収2000万円なら、手取りは約1300万円になります。

これだけの年収でありながらも無計画な結婚によってFIREが不可能になる理由をこれからお話します。

FIREしたいなら結婚してはならない理由

医者がFIREおよびセミリタイアする上で絶対してはいけないのは結婚です。

もちろん結婚相手によりますが、結婚することでFIREからはかなり遠のくないし不可能になります。

ドクターノミゾの場合は結婚してしまったのでFIRE不可能になりました。

医者は、お金を稼ごうと思えば、なんぼでも稼ぐことができます。

稼げば稼ぐほど一般的な医者からは遠のきますが、まぁ稼ぐことはできます。

のちほどお金の計算はしますが、30歳前半でFIREおよびセミリタイアは余裕です。

しかし、結婚してしまうと話は別です。

結婚すると、未来が不確定要素まみれになります。

子供ができるかもしれないし、配偶者が病気になるかもしれない。

自分のこと以外にもたくさん考えることが出てきます。

たとえ1億円稼いでFIRE達成しても、はたしてそれで生きていくかどうか常に不安がつきまとうことになります。

そもそも子供もいて妻もいて、30歳代で1億円貯めるのは至難の業です。

医者はアルバイトをやればやるほどお金を稼げますが、配偶者や子供がいるとそうもいきません。

医者は労働力を売れば売るほど稼げる職業ではありますが、そのかわり時間を失います。

時間を売って、お金をもらっているようなものです。

配偶者がいたら、その時間を奪われます。

医学生の頃から本気でFIREを達成しようと考えているなら、無計画な結婚は絶対にすすめません。

FIREおよびセミリタイアしたいなら絶対に無計画な恋愛結婚をしてはいけない。

FIRE達成したいなら、結婚相手には医者を選ぼう

医者夫婦であり、かつどちらともFIREを考えている場合、あっという間にリタイア可能でしょう。

ただし、子供はつくらないという前提です。

子供つくってしまうと、大抵の場合、どちらかの収入が激減してしまうからです。

医者夫婦で、年間手取りを2600万円ほど稼ぎ、年間600万円消費、月々50万円使ったとしても5年で1億円貯まります。

もうすこしがんばって10年働けば2億円以上貯金できます。

たとえ浪人していたとしても、40歳になる前には資産2億円以上で簡単にFIRE達成です。

このようにFIREを考えている医者カップルは最強です。

最強ですが、FIREという価値観を共有できる相手とマッチングする確率はかなり低いです。

普通の医者であればFIREなんて考えず、医者として患者さんのために色々やりたいと考えるからです。

たまたま医学生のときに、たまたまFIREという価値観を共有し、かつ恋愛に発展するという奇跡を起こさないと医者FIRE夫婦は完成しません。

結婚は相手の性格や容姿、家族関係などが重要な要素となっています。

これらをすべて満たし、かつその相手がFIREも考えているなんて奇跡としか言えません。

現実的には、医学生の間に医学生カップルとなり、彼氏彼女にFIREについて熱く語って、価値観を共有するのが現実的でしょう。

ただ注意が必要なのは、FIREなんか語る医学生は、医者として相当やる気がないと思われることです。

医者FIRE夫婦は現実的ではありません。

もし医学生カップルで、お互いがFIREについて価値観を共有しているのであれば、めちゃくちゃにラッキーだと思います。

医者夫婦はFIREを数年で達成可能ではあるが、現実的には難しい

FIREしたいなら子供はつくってはいけない

FIREしたいなら、子供は絶対につくってはいけません。

子供がいると、未来の事が予想できなくなってしまうためです。

また、子供がいると、子育てに圧倒的に時間がとられるため、稼ぐチカラが激減してしまいます。

子供は将来どうなるかわかりません。

まっとうに育てばいいですが、あえてマイナスなことを言えば、障害があるかもしれないし犯罪者になるかもしれないしニートになるかもしれないし、どうなるかわかりません。

言ってしまえば子供はFIRE達成を目指す上でリスクの塊といえます。

仮にFIRE達成後に子供を作ったとしても、子育てにはお金がかかりますから資産が目減りしていくことでしょう。

結婚もして、子供も作って、そしてFIREをするというのは夢物語です。

子供が欲しい人は、FIREは諦めよう

FIREして、結婚もして、子供も欲しい場合

FIREもして、結婚もしたいし、子供が欲しい場合はではどうすればよいのでしょうか?

一般的なサラリーマンであれば不可能とも言える所業ですが、医者であれば可能です。

可能ですが、綿密な計画が大切です。

ドクターノミゾのおすすめは、まずはFIREを35歳までに達成し、その後に結婚相手を探して子供をつくるというプランです。

具体的な計画を見ていきましょう。

1浪していると仮定して、25歳で研修医になったとします。

研修病院は一般内科または救急がものすごく強い病院を選びます。

研修医での給料は気にせず、この2年間で臨床・救急医療の基礎的な知識をがっつりと身に着けます。

そして、まわりの友達は出身大学の医局に入ると思いますが、医局には決して入ってはいけません。

2年の基礎的な内科および救急を学んだら、北海道や沖縄にある離島へいきましょう。

美容外科に行くという選択肢もありますが、美容外科で働くということは、ほぼ間違いなく東京都で働くことになるため生活コストが高くなりがちです。

また研修でせっかく学んだ臨床や救急が活かせませんし、訴訟リスクもあるためオススメはできないです。

医者3年目で離島の僻地医療をやれば、年収はだいたい2000万円〜3000万円です。

手取りで言えば、1300万円〜1800万円となります。

研修医時代は年収600万円程度でしょうから貯金は難しいでしょう。

研修医仲間と飲み会もあるでしょうし、医学書にもお金がかかります。

ここでは研修医時代の貯金は0円として仮定します。

医者3年目から本気でFIRE達成に向けて活動していくことになります。

まず生活費を極限まで削減しましょう。

目標は月15万円で生活することです。

僻地はおそらく家を無料で貸してくれるため家賃が0円となり、月15万円で生活するのは余裕です。

月15万円ということは、年間180万円しか消費しません。

多めに見積もっても200万円です。

年間の手取りを1500万円ぐらいもらえる病院を選べば、貯金はなんと1300万円もできます。

そして、その病院で5年働けば、貯金は8000万円となります。

貯金と書きましたが、もらった給料の8割は米国株などの投資信託に回したほうが良いでしょう。

この時点で、資産が8000万円以上、年齢が1浪していたとして、32歳で、ほぼほぼFIRE達成です。

ここからは配偶者を探す旅にでます。

僻地・離島ではさすがに収入が多い配偶者に出会う確率は低いため、どこかちがうところへ行きます。地方都市がよいでしょう。

そこで医者のアルバイトをして週2〜3回はたらき、資産を減らさず、あまった時間で婚活です。

理想はFIREを目論んでいる女性医者であることですが、それは難しいので、FIREを考える別の女性をみつけるのが現実的でしょう。

年齢が30代前半、資産が1億円、非正規雇用とはいえ年収600万円程度あれば結婚することは可能かと思います。

そして、結婚相手は専業主婦希望ではなく、しっかりと稼いでくれるヒトを選びます。

子供を産んだあとも働く希望のある人がよいでしょう。

あとの人生はヒトそれぞれですが、これが結婚もして子供も欲しい人の現実的な医者のFIREプランでしょうか。

とにかく、資産を数年で一気に稼ぐことが重要になります。

40歳ぐらいで資産が1億円あったとしても、そんなおっさんと結婚したい女性は現実的に少なくなります。

簡単にまとめると、

  • 30歳前半までに田舎の病院で働き、1億円の資産をつくる
  • 地方都市に出向き、バイトで年間600万円程度稼ぎながら婚活
  • 自分の価値観とマッチする女性を見つけて結婚

結婚後の人生はそのヒトそれぞれです。

これが、医者でFIRE達成かつ結婚する理想的なプランになります。

FIREして結婚もしたいなら30代前半までに1億円以上の資産を築くのが重要

FIREしたい理由を明確に決めよう

医者はFIRE可能ですが、プライドを捨てる必要があります。

プライドというのは医師としての責任、そういったものを一切すて、医師免許をひたすらにお金を稼ぐ道具として使うということです。

それが良いか悪いかは置いといて、周りの医者たちには200%白い目でみられます。

後ろ指をさされるでしょう。

プライドを捨て、FIREする覚悟を決めたとして、ではなぜFIREしたいのかというのをしっかりと決める必要があります。

FIREしたいなら、迷ってはいけません。一般的な医者の言うことも聞いてはいけません。

医師免許さえもってれば、お金なんてなんぼでも稼ぐことができます。

お金を稼いで稼いで、そしてあなたはいったいどうしたいのでしょうか?

30代前半でFIREしたとして、余った時間をどう使うのでしょうか?

若い貴重な20代・30代の期間を、ひたすらお金を貯めることだけに使う必要があります。

無事、FIRE達成し、医者としての仕事をしなくてよくなったとき、その余った時間で何をしますか?

どれぐらいお金を貯めるかによりますが、FIREの場合、貯めたお金は投資に回すため、配当のみで生きていく必要があります。

たとえ1億円貯めたとしても、安全な株式の利回りは3%ぐらいが相場です。

つまり、1億円の3%なので、300万円、さらに20%は税金として回収されるため、手元には240万円しか残りません。

これでは贅沢は絶対できないですよね。年収手取り240万円ですから。

そんな微々たるお金で30代後半およびFIRE後に楽しめるのでしょうか。

手取り年収240万円じゃ結婚もできません。

そのお金でだらだらと家に引きこもってNetflixやゲームをする毎日ならいいかもしれませんが。。。

明確にFIRE後の人生を決めておかないと、たとえFIREできても、人生失敗になってしまいます。

自分の人生どうなりたいのか、改めて考えてFIREを目指すのが良いです。

FIRE後の人生についても、決めておく必要がある

FIREに失敗したドクターノミゾの場合

FIREというコトバ・概念を知ったのは医者になってからでした。

FIREを認識しましたが、医者になって、そしてすでに結婚しており、子供までいました。

FIREについて知れば知るほど、

F.I.R.E.してみたい!

と考えるようになりましたが現実的に不可能でした。

たとえば、FIREするためには資産を形成する必要があり、給料のいいところに行く必要があります。

そうなると僻地や離島が理想ですが、妻は猛反対。そんなところには行きたくないと。

FIREには質素倹約が重要ですが、子供がいるのでそうもいきません。

幼稚園のお金や車だってファミリーカー買う必要があるし、チャイルドシートだなんだ出費がかさみます。

医学生の頃にFIREという概念を知っていれば・・・。

と後悔しています。

医学生の頃のドクターノミゾは普通の医者になるつもりでしたから、FIREなんて考えもせず、おそらくそのような概念を認識することは難しかったでしょうが。。。

医学生のうちからFIREを意識していれば今頃資産は1億円近くあったと考えると。。。悔やんでも悔やみきれません。

ちなみに、結婚して子供もいるため現在の資産は2000万円程度。子持ち家族持ちであればFIREなんて夢のまた夢の状態です。

しかもマイホーム購入計画まででてきているため、しばらくは医者として働くことになりそうです。

FIREには失敗しましたが、人生に失敗したとは思ってません。

まとめ

  • FIREしたいなら無計画な結婚はするな
  • FIREしたいなら子供はもつな
  • FIREしたいなら医師としてのプライドは捨てろ

感想

自分がなんのためにFIREするのかというのがとてつもなく重要です。

一般的な生活を送りながらFIREも達成というのはほぼ不可能です。

FIREを達成するにはやはり色々なものを犠牲にする必要があります。

それが若いときの時間なのか、恋愛なのか、友人関係なのか、医者としてのプライドなのかはわかりません。

色々なものを犠牲にしたうえで達成したFIREで、その後の人生をどう歩むかが重要です。

明確にFIRE後の人生でやりたいことがある人は、ぜひFIRE目指してがんばってください。

自分は今後医者であり続けるよりもやりたいことを結婚後にみつけてしまったために、ものすごく後悔しています。

FIREしたい方は、ドクターノミゾを反面教師にしていただけると幸いです。

最後に一言

FIREは諦めましたが、セミリタイアはまだ諦めていません・・・。